ポイントサイト

どこ得でポイントサイトを一括比較!お得なポイントサイトは一目瞭然!

どこ得でポイントサイトを比較
楽天カードキャンペーン中
▼▼▼▼▼
この記事でわかること

どこのポイントサイトの広告が一番お得か?
どこ得の使い方
どこ得のメリット・デメリット
ポイントサイトの一括比較


どこ得などのポイントサイトを比較サイト

どこ得などのポイントサイトを比較サイトどこ得などのポイントサイトを比較サイト

今回はポイントサイトを比較するサイトを紹介します。こんな疑問を感じたことはありませんか。

「複数のポイントサイトで同じサービスやコンテンツがあるけど、どこのポイントサイトを経由すればいいのかわからない。」

せっかくポイントサイトを利用するなら、できるだけ多くのポイントがもらえるポイントサイトがいいですよね。

こんな時は、各ポイントサイトから横断的にポイントを一括で比較することができるサイトを利用します。

おすすめの比較サイトは以下の3つになります。

おすすめの比較サイト

    どこ得

    MarkPoint

    ポイント獲得ナビ

使い方は簡単です。

上記サイトから、お気に入りの「案件名」を入力して検索するだけ。

検索をすると、どこのポイントサイトでどれだけポイントが付与されるのか比較し、ポイント数順に検索結果が表示されます。


どこ得を利用してポイントサイトを比較

どこ得を利用してポイントサイトを比較どこ得を利用してポイントサイトを比較

まずは、「どこ得」というサイトを使って「楽天カード」を検索してみましょう。

どこ得でのポイントサイト比較方法

(1) 以下のURLからどこ得へアクセスする。

https://dokotoku.jp/



(2) 検索画面に検索文字(広告名)を入力し検索する。

どこ得検索



(3) 検索結果を確認する。

検索結果が以下のように表示されました。

この検索けっかだと、「楽天カード」を作成して一番多くポイントが貰えるのは、「ハピタス」であることがわかります。

2番目に多くポイントがもらえるのが「ポイントインカム」になります。

「どこ得」は検索結果のポイントが1P=1円で表現されているので感覚的にすごくわかりやすいのでおすすめです。

どこ得比較結果


どこ得の使い方

どこ得の使い方どこ得の使い方

どこ得はただ検索するだけではなく、便利な利用方法があります。

その中の1つが検索するポイントサイトを限定する方法です。


検索するポイントサイトを限定する方法

(1) どこ得のトップページから「設定」を選択します。

どこ得で設定を選択どこ得で設定を選択



(2) 検索対象から除外したいポイントサイトのチェックを外し、「保存する」を選択します。

どこ得の検索対象から除外どこ得の検索対象から除外

以上で、ポイントサイトを限定する方法については終わりです。

簡単に設定を変更できるので、よかったら試してみてください。


どこ得の検索結果に表示されている英字

どこ得で検索を行うと、3列目に「p」、「s」、「a」、「i」といった英字が表示されています。

どこ得の検索結果に表示されている英字どこ得の検索結果に表示されている英字

ポイントサイトによっては、パソコン版だけとかスマホ版のみ広告が対応している場合があります

これはその対象が何かを表しています。

例えば、「p」はパソコン版、「s」はスマホ版を表しています。

3列目に表示されている英字の意味

「p」はパソコン版
「s」はスマホ版
「i」はiOSに対応
「a」はアンドロイドに対応
「非表示」はパソコン版、スマホ版両方に対応


みんなが検索しているサービスやコンテンツ

あなた以外の人たちが、どこ得のサービスを利用してどういった検索を行っているかを確認することができます。

(1) どこ得のトップページから「ランキング」を選択します。

ランキングを選択ランキングを選択



(2) どこ得で他のユーザがどんな検索がされているか検索語句のランキングが表示されます。

この時にポイントサイトではどういったサービスやコンテンツが流行っているのか、みんな検索しているのかなど見る際に役立つ情報と言えます

表示されるランキングの数は50で、更新頻度は1日、午前と午後で2回になります。

どこ得のランキングを表示どこ得のランキングを表示


検索にAND検索が使える

どこ得の検索には2つのキーワードを空白で区切って検索すると、AND検索を使用することが出来ます

(1) 例えば、「国内」と入力して検索すると以下のような検索結果になります。

どこ得の単一語検索どこ得の単一語検索

(2) 次は、「国内 ホテル」という風に検索語句を入れて検索をしてみます。

そうすると、国内、ホテルの両方が含まれているサービスが表示されるようになります

AND検索はgoogleの検索等でやられたことがある方も多いと思いますが、便利な機能なので是非使ってみましょう。

どこ得のAND検索結果どこ得のAND検索結果


どこ得のメリット

どこ得のメリットどこ得のメリット

どこ得を使うメリットとしては以下のようなことがあげられます。

どこ得のメリット
  1. 会員登録が不要なので、いつでもすぐに利用できる
  2. 横断的にポイントサイトのポイントが比較ができる。
  3. 人気の広告のランキングもわかる
  4. ポイント表示ではなく、円換算での表示のため比較しやすい
  5. ポイントサイトのキャンペーン情報などもほぼ反映された状態で結果を表示している

様々なメリットがありますが、ポイ活をしていると複数のポイントサイトを使いこなしていく必要があります

広告によって各ポイントサイトでポイントが異なるので、そういった時に簡単に一括比較できる便利なサイトです。




どこ得のデメリット

どこ得のデメリットどこ得のデメリット

次はどこ得のデメリットです。

どこ得のデメリット
  1. 情報がリアルタイムではない。
  2. 過去のポイントの履歴を確認することができない。


1点目は情報(ポイント数)がリアルタイムでないことです。

ポイントサイトに掲載されているポイント数とどのくらいタイムラグがあるかは未確認ですが、ポイントサイトを決める際はポイントサイトに掲載されているポイントも確認しましょう

2点目は、過去のポイント履歴を確認することができません。

この点については別のサイトである「ポイント獲得ナビ」で確認することができるのでそちらで確認しましょう

次は、「楽天カード」を例に「MarkPoint」を使って実際に比較してみたいと思います。


MarkPointを利用してポイントサイトを比較

MarkPointを利用してポイントサイトを比較MarkPointを利用してポイントサイトを比較


MarkPointでのポイントサイト比較方法

「MarkPoint」は上に紹介した「どこ得」と同じくおすすめの比較サイトになります。

その理由は、検索結果の件数が他の比較サイトよりも多いためです。

また、付与されるポイント数が比較的、最新化されていることが挙げられます。

検索結果で表示されたポイント数と、実際にポイントサイトで表示されているポイントの違いがすくないということになります。

(1) 以下のURLからサイト(MarkPoint)へアクセスする。

https://mark-point.jp/


(2) 検索画面に検索文字を入力し検索する。

markpoint ポイントサイト比較


(3) 検索結果を確認する。

検索結果が以下のように表示されました。これですと、「楽天カード」を作成して一番多くポイントが貰えるのは、「ポイントインカム」であることがわかります。

少し開いていますが、2番目に多くポイントがもらえるのが「えんためねっと」になります。

(4) 検索結果が正しいか確認する。

「どこ得」では「ハピタス」が「6000円」で1位でした。

「MarkPoint」では「ポイントインカム」が「4000円」で1位でした。

ここでどちらが高いのか、「どこ得」の「ハピタス」の「楽天カード」のリンクをクリックして確かめてみましょう

すると下記画面が表示され、実際に「ハピタス」で「6000ポイント」付与されることがわかりました。

ポイントどこ得 検索結果詳細

対して、ポイントインカムがMarkPointでは4,000円分相当のポイントなので、この場合、ハピタスの方がお得ということになります。

markpoint ポイントサイト比較

ここでいくつか注意点があります

付与されるポイント数が最新でない場合がある

こういった場合は、ポイントサイトへのリンク先が検索結果に出力されているので実際にポイントサイトへ行って確認してみましょう

昨日まではキャンペーンをやっていなかったのに、今日から急にキャンペーンを開始しているなんて場合もあります。

なので、上位にランキングされているポイントサイトは一応チェックした方が無難です。

表示されているポイントの単位が1ポイント=0.1円で換算されて表示されている

通常、1ポイント=1円のポイントサイトもあえて1ポイント=0.1円で換算されているサイトと比較しやすいように1ポイント=0.1円で換算されて表示されている。

この場合、1ポイント=1円を基準にして考えると、ポイント数が多く感じてしまいます。

ポイントが多いなと思ったら注意が必要です

ランキング上位に知らないポイントサイトが掲載されている。

これは判断に迷うところですね。

ポイントサイトを登録しすぎると、登録するポイントサイトが増えることにより、ポイントが分散されてしまい管理しづらくなってしまいます。

また、良く知らないポイントサイトを改めて登録することにも抵抗を覚える方もいらっしゃるでしょう。

こういった場合は、自分が登録しているポイントサイトの中で一番ポイント数が多いポイントサイトを選択しておきましょう

そうすることで、安心感もありますし、ポイントの管理もしやすくなります

本サイトでおすすめしているポイントサイトは何れも安心して利用できるポイントサイトなので是非利用してみてくださいね。

このように、ポイントサイトの比較サイトは複数あり、また、比較結果も変わってきます。

そのため少し面倒でも、「ポイントサイトの比較」を行う場合には、複数サイトで比較を行いましょう

どこがポイントを一番たくさん付与してくれるのか毎回チェックすることをおすすめします

本の数秒の手間で、付与されるポイントが数千円かわるなんてこともざらにあります。

ポイントサイト比較サイト、便利なので是非活用してみてください。




楽天カードキャンペーン中
▼▼▼▼▼